読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機織姫を探して…

今、私はひとりの姫を探しています。 その姫と…私は伊豆の山ですれ違ったようです。 …それからいろいろなことがつながり始めました…

「尾張」は「終わり」

もともと歴史の知識があるわけではありませんが、古代史が好きな両親の元で育ったことで幼い頃に橿原に住み、発掘現場などにも連れていかれ、遊び場といえば岩船や少し遠出して明日香の甘樫丘や亀石、石舞台の近くの川だったり…日常から古代に触れる生活をしていたこともあったので、神代の世界にもすんなりと入っていけるところがあります…。

 

私は名古屋に生まれ、父の転勤もあっていろいろな場所を経験しているのですが…そのそれぞれの思い出が…今になって繋がってきている気がするのです。

 

私がこれまで経験してきた…一見するとバラバラのものが…

…この「機織姫」に繋がるように思います。

 

尾張」という人たちも、とても興味深いです。

「葛城」という人たちと…どう関わるのだろう…。

 

尾張」は一度「終わり」になっていると思う。言葉遊びではないけれど…。

 

私の思う「原点の二人」は、とても仲がよくて賢くて…今の日本の原点をつくったと思うのだけれど…しばらくして…関係が終わっていると思うのです。

身内争い…だったのだろうか。

 

この「終わり」が「尾張」になっていると…なぜか思うのです。